東京の美容学校で美容師のプロを目指す|マリールイズ美容専門学校

高等教育の修学支援新制度の対象校

  1. ホーム
  2. 高等教育の修学支援新制度の対象校

高等教育の修学支援新制度の対象校

高等教育の修学支援新制度の対象校

高等教育の修学支援新制度について、
世帯年収によって返済不要で授業料や入学金の免除または減額となります。
また、日本学生支援機構では給付型奨学金の支給もあります。
(こちらを参考にしてください
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html

対象者及び支援額について

家族構成・世帯年収によって各段階年収の基準により支援額が決定します。

カリキュラム

マリールイズ美容専門学校では、

世帯年収約270万円支援額3分の3の場合

1年次~世帯年収約270万円支援額3分の3の場合

国からの支援⇒全額支援51万円(入学金15万円、授業料36万円)
ご自身の1年次学費納入⇒72万円※入学金と授業料以外を納入
(実習費9万円+9万円、教育充実費11万円、施設費10万円、教材費33万円)

2年次~世帯年収約270万円支援額3分の3の場合

国からの支援⇒全額支援36万円(授業料36万円)
ご自身の2年次学費納入⇒54万円※入学金と授業料以外を納入
(実習費9万円+9万円、教育充実費10万円、施設費9万円、教材費17万円)

したがって2年間の学費

支援額
15万円+36万円+36万円=87万円
ご自身の納入額
72万円+54万円=126万円

となります。


世帯年収約300万円支援額3分の2の場合

1年次~世帯年収約300万円支援額3分の2の場合

国からの支援⇒34万円の支援(入学金10万円支援、授業料24万円支援)
ご自身の1年次学費納入⇒89万円
(入学金5万円、授業料12万円、実習費9万円+9万円、教育充実費11万円、施設費10万円、教材費33万円)

2年次~世帯年収約300万円支援額3分の2の場合

国からの支援⇒24万円(授業料24万円)
ご自身の2年次学費納入⇒66万円
(授業料12万円、実習費9万円+9万円、教育充実費10万円、施設費9万円、教材費17万円)


したがって2年間の学費

ご自身の納入額
89万円+66万円=155万円
支援額
10万円+24万円+24万円=58万円

となります。



世帯年収約380万円支援額3分の1の場合

1年次~世帯年収約380万円支援額3分の1の場合

国からの支援⇒17万円の支援(入学金5万円支援、授業料12万円)
ご自身の1年次学費納入⇒106万円
(入学金10万円、授業料24万円、実習費9万円+9万円、教育充実費11万円、施設費10万円、教材費33万円)

2年次~世帯年収約380万円支援額3分の1の場合

国からの支援⇒12万円(授業料12万円)
ご自身の2年次学費納入⇒78万円
(授業料24万円、実習費9万円+9万円、教育充実費10万円、施設費9万円、教材費17万円)


したがって2年間の学費

ご自身の納入額
106万円+78万円=184万円
支援額
5万円+12万円+12万円=29万円

となります。


※詳しくは文部科学のホームページでもご確認ください。
https://www.mext.go.jp/kyufu/student/koukou.html